ロゴ画像

 弊社試聴室について


   試聴室の構造と設置機材

石井伸一郎先生(石井オーディオ研究所)の石井理論に基づいて設計され、
最高の状態で音を聴くべく、随所に工夫が凝らされています。





試聴室の仕様

寸法:横幅6.3m × 縦5.0m × 天井高さ3.1m
石井理論にほぼ基づいた1:0.8:0.5の室内寸法比

吸音面積率:18%(6面合計)




試聴室の特徴

1.厚さ30cmの壁と天井

壁の厚さを示す写真

厚さ約30cmの防音壁は21mm厚の石膏ボード+9.5mmの板材で75mmのグラスウールをサンドしたものに、さらに50mmのグラスウールとシナ合板+吸音空間からできております。
また、床材には非常に硬いカリン材を使用しており、きしみが少なく、不要な振動が出にくくなっております。

2.低音を吸収する黒い吸音部

黒い布部分の写真

壁にぶつかる音を吸収し、壁からの反射音を抑えることで低音同士の共振や打ち消しを防止。音質の低下を防ぎます。

3.最高の試聴ポイント

ソファー中心を示す写真

試聴室の中でも上図の場所が最高の試聴ポイントとなっており、より臨場感を味わえます。

4.試聴時の温度管理&照明調整

色温度の違う照明の写真1 色温度の違う照明の写真2

騒音対策ため、業務用エアコンは用いず、2台の家庭用エアコンで試聴時の室温を管理。
換気も通常の換気扇ではなく、ロスナイ(熱交換型換気機器)で騒音対策。
また、照明はムードに合わせて色調や明るさを調整できます。




   試聴室内360度写真


試聴室の様子を360度写真にてご確認ください。
※都合によりレイアウトを多少変更することがあります。





 設置機材のご紹介



1.シングルパワーアンプ

アンプの写真

機種:TA-S01
当サイトの主役の真空管アンプです。 詳しくはこちら

2.レコードラック

レコードラックの写真

160枚以上のレコードが収められています。


曲のリスト(一例)

 
組曲
「惑星」
ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団
交響詩
モルダウ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
白鳥の湖
作品20
スイス・ロマンド管弦楽団
交響曲第5番
ハ短調作品67「運命」
ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
「カルメン」
組曲
第一番
フィラデルフィア管弦楽団
エトレーヌ 情家みえ
Live Korakuen Stadium 矢沢永吉

今後、保有レコードのリストをご紹介する予定です

3.スピーカー1

スピーカーの写真1

機種:Q-ME-50
メーカー:ACOUS
備考:

4.スピーカー2

スピーカーの写真2

機種:MODEL 4312
メーカー:JBL
備考:

5.スピーカー3

スピーカーの写真3

機種:A7X
メーカー:ALTEC
備考:通常はこのスピーカーが試聴に使われます。

6.スピーカー4

スピーカーの写真4

機種:S4600
メーカー:JBL
備考:

7.スピーカー5

スピーカーの写真5

機種:SX-500 SPIRIT
メーカー:Victor
備考: